salesforceの基礎知識②

28歳でIT企業に転職をして現在salesforceの勉強をしています。知識定着のためにoutputします。

リストビュー

リストビューとは、下図のようにオブジェクトを選択したときに表示されるレコードの一覧のこと

スクリーンショット 2020-07-06 16.05.51.png

コンパクトレイアウト

コンパクトレイアウトは下図のように、レコードを選択した画面の上部に表示される情報のこと。下図の、「確度(%)」「完了予定日」「フェーズ」「金額」「商談所有者」が表示されている枠のこと。

スクリーンショット 2020-07-06 16.22.56.png

標準ボタン・カスタムボタン

標準ボタン・カスタムボタンは、下図のようにレコードを選択した画面の「▼」を押したときに出てくるボタンのこと。

スクリーンショット 2020-07-06 17.56.18.png

カスタムボタンの作り方

  1. [[オブジェクトマネージャ] から、カスタムボタンを設置したいオブジェクトを選択。
  2. [ボタン、リンク、およびアクション] をクリックして、[新規ボタンまたはリンク] をクリックします。

スクリーンショット 2020-07-06 17.23.39.png

スクリーンショット 2020-07-06 17.24.07.png

3.下図のように[表示ラベル]を入力、[詳細ページボタン] を選択。また、webページにジャンプするときは「内容ソース」は「URL」を指定。下方のテキストエリアにURLを入力する(レコード・項目の値を差し込むこともできる)

スクリーンショット 2020-07-06 18.06.00.png

4.[保存] を選択。

5.[ページレイアウト] をクリックして、編集するレイアウトを選択

6.下図のように、パレット(灰色の枠)の[ボタン]を選択。 作ったカスタムボタンを[カスタムボタン] 領域にドラッグします。 

また、パレット(灰色の枠)の[モバイルおよびLightningのアクション]を選択。 作ったカスタムボタンを[SalesforceモバイルおよびLightning Experienceのアクション] 領域にドラッグします。 

スクリーンショット 2020-07-06 18.12.12.png

7.[保存] をクリックします。

注意点
ページレイアウトにカスタムボタンを追加しても 表示されなときがある。
ボタンをページレイアウトにアクションとして追加するためには、パレットの [モバイルおよび Lightning のアクション] カテゴリから [Salesforce モバイルおよび Lightning Experience アクション] セクションにドラッグする必要がある。

 

Salesforceアプリケーションの構築の仕方

  1. [Setup (設定)] で [Home (ホーム)] をクリックする。
  2. [Quick Find (クイック検索)] に「App Manager」(アプリケーションマネージャ) と入力し、[App Manager (アプリケーションマネージャ)] を選択。
  3. [New Lightning App (新規 Lightning アプリケーション)] をクリック。
  4. 新規 Lightning アプリケーションの名前・API参照名を定義する。
  5. [Next (次へ)] をクリック。
  6. [App Options (アプリケーションオプション)] 画面はデフォルトのままにして、[Next (次へ)] をクリック。
  7. [Utility Items (ユーティリティ項目)] 画面はデフォルトのままにして、[Next (次へ)] をクリック。
  8. [Navigation Items (ナビゲーション項目)] 画面で、[Home (ホーム)]、[Chatter]、[Waypoints (見学先)]、[Reports (レポート)]、および [Dashboards (ダッシュボード)] をそれぞれ選択し、[Selected Items (選択済みの項目)] ボックスに移動します。次に、[Next (次へ)] をクリック。
  9. [Assign to User Profiles (ユーザプロファイルへの割り当て)] 画面で、[System Administrator (システム管理者)] を選択し、[Selected Profiles (選択済みプロファイル)] に移動する。[Save & Finish (保存して完了)] をクリック。