使ってよかったと思う【節約グッズ】

「普段の光熱費を抑えたい」と考えたことがあると思います。私もそうです。でも、はじめは「色々我慢するのはちょっと・・・」「生活が不便になったりするのは困るな・・・」という気持ちからなかなか節約するために行動にうつしてきませんでした。

ですが今では、以前よりも月の光熱費を半分まで抑えることができています。きっかけは、ちょっとした「意識」と「節約グッズの活用」です。

今回は、使ってよかったと思う便利グッズを紹介しますので参考にしていただけると嬉しいです。

 

使ってよかった節約グッズ

節水シャワー

こちらは値段が2000円前後とお手頃ですが、2年間の安心保証がついていて、見た目使って見た感じも丈夫でしっかりとしていました。肝心の節水性能についても、以前使っていたシャワーヘッドと比べて見ても、同程度の水圧で確実に使う水量が減っているのが分かります。水圧は同程度でも、お風呂のおけに水をためたときに溜まっていくスピードが明らかに以前と違っていて、放出されている水量が減っているという感じがありました。

商品の紹介ページには「最低でも50%節水、最大は70%ほど節水できます。」という記載があるので、従来型のシャワーヘッドよりも節水できるのは確実だと思います。

2人暮らしですが、水道代も月に400円程安くなりました。ガス代も都市ガスですが月に400円程減りました。水道代、ガス代共に一番多くの割合を占めているのがお風呂である家庭が多い分、シャワーヘッドを変えるだけだけでも節約効果は意外と大きいです。

節電タップ

こちらはコンセントの抜き差しが不要な節電タップです。家庭の電気代の内の5%が待機電力と言われています。そのため、使っていない電化製品のコンセントを抜くだけで、電気代が月5000円の家庭であれば月250円の節約になります。年間だと3000円の節約効果ですね。

でも、抜き差しするのは案外面倒なので分かっていてもしないことが多かったです。そこで今使っているのが、このスイッチをオンオフするだけいいこの節約タップです。

これは節約タップはスイッチがフラット形状になっていて、大きなコンセントを挿す場合にもスイッチに接触して挿しづらくなることがありません。とても使いやすいのでオススメです。

まとめ

いかがでしたか?今回は2つのアイテムしか紹介できませんでしたが、節約グッズは他にもたくさんの種類があります。私も使ったことがないものがたくさんあるので、色々試してよかったものは紹介していきたいと思います。以上、節約グッズの紹介でした!