鶏肉・豚肉・牛肉【部位の特徴】

お肉って調理でよく使う材料の一つですよね。美味しく食べために、部位ごとの調理の特徴を知っておくと料理によって適した部位を選ぶことができます。今回は、お肉の部位ごとの特徴を紹介します。

鶏肉

手羽元・手羽先

骨が多く旨味が出るため、煮込み料理などに適しています。特に、手羽先には旨味が多く含まれているため、スープの出しをとるとコク・旨味のあるスープがとれます。

もも肉

胸肉に比べ、脂肪や鶏肉の旨味が多く含まれています。揚げ物や焼き物、煮物等どんな調理法でも美味しく食べられます。

胸肉

もも肉に比べ脂肪分が少なく、比較的淡白であるため、バターソテーなどの調理をすると風味が出てより美味しく食べることができます。

ささみ

鶏の胸の奥の部位で、ほとんど脂肪分はなく、とても淡白な味をしています。

 

牛肉

ロース

牛の背中の部分から取れ、きめが細かく脂肪が程よくある味のいい部位です。肩ロースとリブロースがあります。リブロースはローストビーフ、すき焼きなど幅広い料理に使われます。肩ロースはやや筋があるため、薄切り肉として料理に使うのがおすすめです。

サーロイン

牛のお尻の部分で、脂肪が程よく入りきめが細かく味が良いのが特徴。ステーキにすると肉の風味や味を存分に味わうことができる。

バラ

牛のお腹の部分から取れ、赤身と脂肪が層をなしています。脂肪が多いため、牛肉の旨味が感じられる部位です。一方、肉質は比較的固いため薄切りにしたり、煮物等で柔らかくしたりして食べるのがおすすめです。

モモ

牛の後ろ足付け根の部分で、赤身が多く、ローストビーフやビーフシチュー等の料理で使われることが多いです。

ヒレ

サーロインとロースの間にある部位で、一頭の牛から少量しか取れない希少部位です。きめが細かく、牛肉の中でもっとも柔らかい部位のため、肉の旨味をストレートに味わえる厚切りステーキ等で食べるのがおすすめです。

 

豚肉

ロース

豚の背中あたりの部位で、肩ロースとロースがあります。「肩ロース」は肉質はややかためですが、味にコク・旨味があります。焼いて調理するときには、脂肪と赤身の間の筋を切る筋切りをすると縮みを防止することができます。「ロース」は肩ロースよりも肉質が柔らかく、脂肪があるため旨味もあります

モモ

豚の後ろ足の付け根あたりの部位で、モモと外モモがあります。脂肪がほとんどなく、赤身肉で比較的淡白な味をしています。調理の際には、バターや油等で風味を補うとさらに美味しくなります。

ヒレ

豚肉の中でもっとも柔らかい部位です。赤身が多くあっさりとした味をしているため、調理の際にはトンカツやソテーにするなど油や調味料で風味を補うとさらに美味しくなります。

バラ

豚のお腹あたりの部位で、脂肪と赤身が層になっています。脂肪が多いため、味にコク・旨味があり、炒め物等に入れると旨味・コクがアップします。