料理が美味しいと感じる仕組み

美味しいと感じるわけ

生物学的に美味しいと感じるものは生きていくために必要な栄養素がたくさん含まれているものだそうです。つまり「美味しい」という感覚は、身体の中で足りていな栄養素やエネルギーを摂取させるための整理要素の一つのようです。たくさん運動した後に甘いものが美味しく感じられたり、喉が乾いているときに水が美味しいと感じるのはこのためのようです。

味覚の5つの要素

味覚には、酸味、塩味、苦味、旨味、甘味の5つの要素があります。酸味と苦味はまずい味、旨味と甘味は美味しい味として認識されるようです。塩味はというと、低濃度では美味しいと感じ、高濃度ではまずいと感じるようです。

そして、これらの5つの要素を同時に摂取した場合、①苦味②酸味③塩味④旨味⑤甘味という順番で認識するようです。これは、人間がまだ狩りで生活していた時代に、食べても安全なものかを判断するために先に苦味と酸味を感じるように発達したとのことです。