【まとめ】豆腐・じゃがいも・トマト・ねぎの種類、特徴

豆腐には絹ごしと木綿がありますが野菜炒めをするときにはどちらが適していると思いますか?同じ食材でも様々な種類があり迷うときがありますよね。今回は食材の種類と特徴について紹介します。

豆腐

絹ごし豆腐

絹のように舌触りがよく柔らかいのが特徴です。熱を通さずにそのまま冷奴やサラダとして食べたり、蒸したりお湯で熱することで湯豆腐として食べたりするのがおすすめす。柔らかく形が崩れやすいため、炒めたり煮たりという料理にはあまり向きません。

 

木綿豆腐

表面に木綿の模様がついていて、絹ごし豆腐に比べ食感がしっかりとしていることが特徴です。型崩れしにくいため、炒める、煮る、油であげるなどの調理に向いています

 

じゃがいも

男爵いも

イギリスから持ち込まれたのが名前の由来です。ホクホクした食感が特徴で、ポテトサラダやじゃがバター、コロッケなど幅広い料理に使えます。

メークイン

男爵いもに比べ、食感がしっかりしていて煮崩れしにくいのが特徴です。そのため、カレーやシチューなどの煮物料理に向いています。

 

トマト

桃太郎

スーパーでよく売れれている大きめのトマトの主流品種はこの桃太郎です。実が大きいのが特徴

また、水をできるだけ与えず、甘くなるようにに育てられたものをフルーツトマトと呼びます。

ミニトマト

一口サイズのトマトで、大きいトマトに比べ栄養価が高いです。特に、ビタミンCは2倍の含有量になっています。

ミディトマト

大きなトマトとミニトマトの中間サイズのトマトです。ミニトマトと同じく栄養価が高いため、近年流通数が多くなってきています。

 

ネギ

根深ねぎ

スーパーでよく見かける太いネギがこれです。長ネギ、白ネギとも言います。ラーメン等の薬味として使われる白髪ネギはこのネギをを使っています。

ワケギ

根深ネギに比べ、細く緑色の部分が多い。ネギ独特の甘味がある。

万能ネギ

色が鮮やかで細く小さいのが特徴のネギ。ワケギを若いうちに収穫したもの。柔らかいため薬味に適している。

アサツキ

ワケギに比べ薬味が強いため、薬味に適している。

 

まとめ

いかがでしたか?同じ食材でも種類によって特徴が変わりますね。調理方法により使え分けるとより美味しく食べることができます。ぜひご家庭で料理をする際に覚えておいていただければと思います。以上、食材ごとの種類についてでした。