講師登録から声がかかるまでの期間【小学校】

小学校・中学校の講師登録を考えてらっしゃる方にとって、講師登録から声がかかるまでの期間は気になるところだと思います。講師の登録をして教育委員からの連絡を待っている期間は、いつくるのかと不安な気持ちもあるかと思いますが、待って入れば必ず連絡は来ます。今回は、講師登録から連絡がくるまでの期間についてお伝えしていきます。

教育委員会での講師登録から連絡がくるまでの期間

結論から言うと、新年度に向けて講師登録をした場合、早い方だと新年度が始まる前の3月末には講師採用の連絡があります。そして、ほとんどの方に4月中には講師採用の連絡があります。遅い方でも、5月・6月には連絡があるかと思います。逆に、7月以降は講師が足りない状況になる自治体が多いです。私も以前小学校教諭として勤めていたのですが、同僚の教諭が育児休暇に入る際に講師が見つからず、知り合いに色々と声をかけようやく講師をしてくださる方を探しました。

そのため、講師を希望されている方は、教育委員会での講師登録をすれば、講師が足りていない状況であれば、すぐにでも働くことができます。ただ、講師登録をする際には、面接を行なっている自治体がほとんどですので、この面接をクリア必要はあります。登録の際には小学校教諭の免許を取得している必要があります。一般企業から小学校教員への転職を考えいる方は、通信制大学で免許を取得することができますので、こちらをご覧ください。

働きながら大卒資格や教員免許を取得したいあなたにオススメの通信制大学!

講師登録の仕方

基本的には、地方公共団体の教育委員会や教育事務所等で講師登録を行います。手続きについては登録する自治体により異なるため、ウェブサイトで「〇〇県 小学校 講師登録 手続き」のように調べると出てくるかと思います。どの自治体も、講師登録の際には簡単な面接と勤務希望地等の聞き取りを行なっていますので、希望があればそのときに伝えることができます。