担任の仕事紹介!【小学校】4月1日〜学級開きまで

小学校の先生は自分が何年生を受けもつのかを知るのがいつかご存知ですか?実は、先生は4月1日に受け持つ学年・クラスを正確に知ります。ギリギリまで先生達も自分が何年生を受け持つのか知らないんですね。そのため、4月1日からは担任は学級開きの業務に追われます。今回は、学級開きまでに担任がする仕事について紹介します。

4月1日から学級開きまでにする仕事

事務関係

・クラス名簿作成

・児童氏名印確認・整理

・指導要録確認・押印

・保険関係書類配布用意・確認

・緊急連絡カード配布用意・確認

・ドリル・スキル・ノート・教材の注文

・校外学習計画確認・必要であれば届出作成

 

・名前シール作成

学級経営関係

・クラス児童の名前・顔を確認

・全担任から引き継ぎ

・時間割作成・印刷

・学年だより作成・印刷

・黒板に子ども達へのメッセージ書き

・学年・学級経営案作成

・要配慮児童の確認・対応決定

・当番活動・係活動の構想

・給食当番表作成

・清掃当番表作成

・係活動カード作成

・朝の会・帰りの会次第作成

教室環境・備品

・学級備品確認・補充

・給食当番エプロン確認・補充

・教室掲示のタイトル作成・掲示

・学校時制拡大印刷・掲示

・教室の清掃

・机・椅子の確認・取り替え

・観察用紙、係活動の道具等の用意

・学級文庫の準備

・お便り、献立表の掲示

授業関係

・年間指導計画の確認

・学級開き当日の話・流れ構想

・授業で使う教材の用意

 

実は大忙しの学校の先生

上記の仕事の他にも雑務等々があります。これらの仕事を4月1日から学級開きまでの約一週間で済ませなければいけません。このため、仕事が終わらず休日に学校に来て仕事をする先生も多いです。公務員なのでもちろん残業手当等は一切ありません。また、これらの仕事に集中できればよいのですが、職員会議等もあるので、実質仕事を進める時間の確保が難しいです。

先生といえば、勉強を教えてくれたり、時には一緒におしゃべりしたり遊んでもらったりという印象があるかと思いますが、子どもたちがいない時間帯は猛烈に仕事をしています。以前文部科学省が行った調査では残業が80時間を超える恐れのある教員は小学校で3割、中学校で6割というデータが上がっているそうです。これだけ仕事が多いと先生達が仕事に終われる理由も分かります。