【具体的に紹介】小学校教諭の職場での人間関係

これから小学校で働く人にとって、職場の雰囲気って気になりますよね。小学校は明るく元気な方が多く楽しい職場がたくさんあります。しかし、学校にもよりますが職員同士の悪口や衝突も珍しいことではありません。そこで、今回は小学校の職場の人間関係についてお伝えします。

職場の人間関係の光と影

●同僚で食事や旅行

現在定年退職を迎える先生が世代的に非常に多く、小学校では若い先生がたくさん採用され増えています。そのため、若い先生たちで旅行に行ったり、食事をしたりする機会は多いです。明るく優しい方が多く、新しい先生も安心して輪に入っていくことができます。

●恋愛

放課後は職員のほとんどが職員室で仕事をするので、先生同士の関わりも多いです。そのため、職場で仲良くなり、結婚に至る先生も珍しくありません。実際に、小学校の先生同士の夫婦は多いです。

 

●職員室で悪口

子どもたちに悪口はいけないと普段教えている小学校の先生ですが、放課後職員室で職員同士の悪口が出るときがあります。その場にいない先生のことで、言動や行動について職員同士が悪口を言い合うということも実際にあります。

●管理職同士のトラブル

管理職同士が意見のすれ違い等で関係が悪化することもあります。「職員のため」「子どものため」と言いつつ自らは動かず指示をするだけでの校長であっては、教頭や職員の不満が生じることもあります。学校を運営する立場の管理職同士でも対立することがあります。

 

まとめ

いかがでしたか?今回は小学校の職場のリアル実情をお伝えしました。学校により雰囲気が違ったり、どの職場にもいい面と悪い面の両方があるかと思いますので、一つの参考として読んでいただければと思います。以上、小学校の職場の人間関係についてでした!